everytime, close to you


by sedona1982

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
marines
Independent league
baseball
daily life
NIPPON!

LINKS

最新のトラックバック

徳島インディゴソックス自..
from タケじゃなきゃいられない
サブちゃんのトレードにつ..
from タケじゃなきゃいられない
さらば(とは断固として言..
from いすみマリーンズ
四国IL&津球場初参戦!
from タケじゃなきゃいられない
優勝決定戦!!
from タケじゃなきゃいられない
雑草魂【ファイターズ-マ..
from ミーハーが書くマイナーな野球記
細谷圭までもが怪我・・・..
from いすみマリーンズ
ほっともっと1塁寄り
from タケじゃなきゃいられない
タケに会えた!
from マリーンズじゃなきゃいられない
“QVCマリン”で今季初..
from いすみマリーンズ

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
more...

ライフログ


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX


新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX


NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


NHK 大河ドラマ 「新選組!」 オリジナル・サウンドトラック


敗者から見た明治維新~松平容保と新撰組


英傑の日本史―新撰組・幕末編


猫ぱんち―二匹の猫との暮らし


空爆の下で―ぼくらの知らないイラク戦争


アンダースロー論


探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:marines( 101 )

HappyBirthday!

a0006703_73183.jpg
きょうはじゅりのお誕生日。

なんと!10歳になりました(^^)v

人間で換算するとかなりなマダム(笑)。

10年も一緒にいてくれて
ありがとう、じゅり。
これからもずっと一緒にいてね♪
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-21 07:03 | marines

ごめんなさい

セ・リーグの各チームのみなさま、ファンのみなさま

このたびは荻野貴司が登録抹消になり
みなさまが楽しみにしてくださっていたであろう
あの
脚をお見せすることができず

深く、深くお詫び申し上げます。

チームだけでなく、リーグだけでなく
球界の宝となるオギタカくんの脚を
きちんとケアして、いい状態で試合に出させることの出来なかったことを
コンディショニング担当になり代わり深くお詫び申し上げます…



どうして

どうしてこんなことになるまで
オギタカくんに無理をさせていたのか


オギタカくんの脚は球界の宝

もっともっと大切にしてほしかった

これ以上ひどくなるようなことがあったら
その時こそ直談判してやりたい

悔しくてたまらない
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-17 22:33 | marines

良い子はマネしちゃいけません

きょうは1日ダウンしており全く試合は見ておりません…
それでOKでしょうか?←

そんなわけで?きょうの試合のハイライト…ではなく
昨日の試合のすんごいプレーを!



岡田くんの前世は忍者だったのかもしれませぬ…
唐川くんは岡田くんに何か奢っておきましょう(笑)。

こういう風に守備でがんばってくれる人を見ると
ピッチャーはアウトカウントの数え方も変わるんじゃないかなーと思います。
確実に内野ゴロをさばいてアウトにしてくれる内野手がいれば
自分は内野ゴロを打たせる技術を身につければいい、
どんな打球もアウトにしてくれる外野手がいれば
外野フライを打たせる球を投げる練習をすればいい
三振だけがアウトを取るすべじゃない、チームでアウトカウントを
ひとつ取って行くピッチングをすればいい

ピッチャーを育てるのは
優秀な守備陣なんだなと改めて思ったプレーです。
それにしても岡田くんはすごいなぁ
オーバーフェンス以外は捕球したいって言ってたけどまさにそう。
そして
関節や筋肉が柔らかいのか怪我の心配のないフィールディングも
安心します、これは天性のものもあると思うけど
やっぱり日々の努力なんだろうな。

くれぐれも関節の硬い人や練習してない人はマネしないように!(できません!笑)。
岡田くんには
ズムスタに行ったら天谷くんや赤松さんみたいに
フェンスに上ってHRキャッチしちゃってほしいな~

そんな交流戦は今週火曜日から!
スタートはマリンでドラ戦、なんて日本シリーズ!(^^;)
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-15 22:08 | marines

一歩前へ

朝一番にうれしいニュース!
でもまだ決定じゃないので「おめでとう」は来週以降にとっておきます(^^)。
あ、イースタン月間MVP受賞についてはもちろんおめでとう!で(喜)。

2軍首位打者ロッテ角Jr.支配下登録へ(日刊スポーツ 5/11)
角選手がイースタンリーグ 3・4月度月間MVPを受賞!!(千葉ロッテマリーンズ公式サイト 5/11)

晃多くんコメント。
「まず今まで指導していただき
試合で使っていただいている監督、コーチに感謝したいです。
やってきた事が形に表れてきたと思います。
受賞は素直に嬉しいのですが、1軍で活躍する事が目標ですので
支配下登録されるように、これからも一日一日を大事にして頑張っていきたいと思います。」


ただいまイースタンで打率トップの晃多くん。
いよいよ支配下登録の気配です。
17日にマリンで親子ゲームが行われるのですが
その際に西村さんが確認してようやく登録、となりそうです。

育成選手が支配下登録されるというのは一軍で使いたい選手と認められた証。
練習時間もままならず公式戦でアピールする機会も限られた中で
今いる支配下登録選手を超える実績を上げるために
寸暇を惜しんで人の何倍も練習して、人の何倍もアピールしないと
ベンチから見てもらえることすらない育成選手。
晃多くんは最初から高いハードルを何個も何個も超え
そして自分で勝ち取った開幕からずっとスタメンで出場する機会と
イースタンでの打率トップという実績。
来るべき時がようやく来た、ほんとに信じて待ってたので
感慨もひとしおです。
もちろんこれがゴールではないし、むしろスタート。
晃多くんの守備位置は主にセカンド。一軍には
高くて厚くて大きな壁、井口さんがいます。
あまりに大きい壁なので超えるのは並大抵じゃないと思いますが
ほかの人ならいざ知らず、晃多くんなら必ず超えられる。
今すぐ、は無理でもいつか必ずマリンのセカンドに
小さいけれど元気よく、そしていつも前向きな努力の虫、角晃多が立つ日が来る。
今まで信じてきた、その日も信じて待つことが出来ます。

お父さまは元NPBの偉大な投手、お兄さんはマイナーでがんばってる野球一家。
名門東海大相模で今ジャイアンツに在籍の大田泰士くんとともに
プロの注目を浴びてきた晃多くん。
人から見たらうらやむような恵まれた環境にあっても決しておごらず
自分だけのやり方でここまでがんばってきた晃多くんです。
身長168cm、小柄ゆえに生じるハンデは多分考えている以上に大きいはず。
だからこそ自主的に練習するときはまずそこをリカバーする練習をしてた。
薩摩川内のキャンプのときの居残りではバッティングと同じくらい
体幹を鍛える練習に時間を割いていました(バランスボールを使った地味~なトレーニング)。
自分が人より足りないものは何か、自分が一軍でレギュラーとして使ってもらうために
何を補ったらいいか、そこをわかっていて練習に取り組むので
当然、練習時間が長くなる。
小柄な体格をカバーするために体幹を鍛える必要があるとわかれば
それにも時間を費やし、そこで鍛えられた身体を持って守備練習に参加していた。
だから必然的に人より練習時間が多くなる。そして技術もフィジカルも向上するんだなって
晃多くんはそんな取り組みのサンプルみたいな人なんだなって改めて思いました。
自分が目指す野球をするためにすべきことは何か。
表に見える場所ではないところでこそ自分に課してきた課題を
しっかり克服してきたことを
慶彦さんはちゃんと見ててくれた。わかっててくれた。
それがいちばんうれしいと感じたことかもしれません。

自分に甘えずしっかり己を知り、そして更なる高みを目指すために
きちんと練習をしてきた晃多くんと
そのことをずっとわかっていてきちんと見守り、彼の行き先に
明かりを照らし続けてくれた慶彦さん。


練習さえすれば誰もが幸せになれるわけではない。
でも
練習もしないような人が一軍になど上がれるわけもない。
晃多くんは身をもって教えてくれました。

晃多くんのがんばりはきっとほかの育成くんたちの大いなる刺激になる。
晃多くんと同期の今年3年目の育成くんたち。
今年がラストチャンス。みんなわかってる。
晃多くんが支配下枠を埋めることでまた自分たちに与えられるチャンスの扉が
遠くなったことはわかってるはず、でも
晃多くんが支配下登録されたことは絶対に励みになってる。
そして自分がその場所に行くために何をしたらいいか、晃多くんが
身体を張って示してくれたことに
ほかの育成くんたちも感謝してより一層の練習に励んでほしいなと思います。

17日から交流戦が始まる。
晃多くんにとって最大にして最高のチャンス。
もし一軍登録されたら絶対に
12球団でいちばん活きのいいとこ、いっぱいアピールしてほしいと思います!
こんないい選手がいたってこと、知らなかった人に
思い切りびっくりさせてあげてほしいと思います(^^)!
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-11 18:48 | marines

いつか現実!

わかってるので突っ込まないでください(笑)。

a0006703_19513083.gif

月間MVP、宮本とバリントンが初受賞=パは内川、岩隈(時事通信 5/10)


はわわ~~

*:.。☆..。.(´∀`人)


夢見るくらい許してください!(切実笑)


ああ・・・いつか・・・
いつかそんな日が来るといいなぁ…

宮本…… 慎也 じゃなくて
宮本 … 裕司 な日が!



…うん、ガンバろ、これを励みに(わたしがなにを?笑)。

最後になりましたが
キャプテン宮本さん、まさかの初の月間MVPおめでとうございます。
ものすごい常連だと思っていたのに初受賞だったんですね。
アラフォーの星です、これからもがんばれー!
(明日のアルペンもがんばれー!)。
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-10 19:56 | marines

新・黄金時代へ

このキャッチフレーズ、けっこう好きかも。
夢、感じます☆

うちとこにもいますよ
黄金時代に向かって走る2人が(^^)。
a0006703_20521072.jpg

この日のレフトは伊志嶺くん、ショートはオギタカくん
そしてセンター岡田くんといういわゆる幕張リニアな3人がスタメン。
ランナーとしても優秀だけど
これからはこの3人の足を生かした守備にも注目!


5/8の試合の結果はこちらです。
福浦くんの美しいー2ランで先制するも
T-岡田くんに逆転2ランを浴びて結局負けてしまいました。

逆転はこんな感じです。
5回裏にT-岡田くんの2ランで逆転されてしまい
なおもランナーがいる場面。1アウト1,3塁です。
内野は当然バックホーム体制で前へ
そしてバッターは7番DHのヘスマンさん。
ピッチャーは伊藤ちゃんに代わってましたが
警戒したためかヘスマンさんにレフト方向に大きなフライを
打たれてしまいます。
オギタカくんも今江っちも慌ててレフト方面へ
伊志嶺くんは大きなあたりを警戒してやや深めに守っていたため
これまた前へ!
伊志嶺くんもオギタカくんも足が早いため
落下地点に難なく入れましたが
そのため2人でやや譲り合いしてしまいました。
この時、今江っちはさすがです、ベースカバーもできるよう
さらに2人の邪魔をしないよう落下地点を目指しながら
すぐに後ろに引きました。
そして結局伊志嶺くんとオギタカくんの間にボールが落ちて
結果はヘスマンさんのレフト前ヒットとなり1点が追加となったのです。

足が早く、守備位置が広い2人がために
こういうことが起きる。
先日のらいおんさんちでも岡田くんとオギタカくんで
こういうのありましたね。
勘もいい、守備も出来て足も速くて、という似たような性質な3人なので
今後もこういうこと起きると思います。
つよぽんが紅タンのレフトフライを取りに行ってた、というのは
ほんとの意味でのレフトのカバー(笑)だったけど
この3人にはまた違う意味での守備練習の強化が必要になるんだなーと
この前の守りを見てて改めて思いました。

この写真は7回表の攻撃が伊志嶺くんで終わったので
オギタカくんが伊志嶺くんにグラブとキャップを持っていってたところです。
その時2人で並んで何か話しながら
守備位置についていました。
伊志嶺くんは何か考える感じでしたが
オギタカくんは終始笑顔でお尻をぽんと叩いて
そしてそれぞれの持ち場へ。
伊志嶺くんのキャプテンシーは素晴らしい、というお話は
大学時代から聴いてましたが
実はオギタカくんのちょっとだけ先輩、な感じの
伊志嶺くんへの語りかけがすごく頼りになって
凡退してしまった伊志嶺くんの顔を
すっと前に向けさせてくれてた、そんな素敵なシーンでした。

もう何年もショートにいるかのように
軽快に動いてるオギタカくんも実はショートとしてはプロ1年生。
送球の握り直しとかちょっとドキドキするシーンもありました。
岡田くんも好調だった打撃も少しお休みモードで
期待が高かった幕張リニアもずっとハイテンションはまだまだ
難しいです。
それでも
今じゃなく、今後何年も
新しい時代を切り開いていく3人として
ずっと先頭を走っていってほしいし
そのために出来ること、毎日の練習、ケアなどは
きちんと怠らず続けていってほしいと思います。
去年、みんなを引っ張って行ってくれた清田くんももちろん黙っちゃないよね(^^)
若い世代に引き継ぐというのは実はとても
勇気が要ってリスキーで、そして夢あふれる挑戦。
野手のみならずピッチャーにも
こうした夢ある挑戦をしていってほしいなぁと
あっつい日差しの中で考えてたGWラストデーでした(^^)。
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-09 21:21 | marines

ほっともっと焼け

きょうはここに行きa0006703_22464962.jpg


この子に会ってa0006703_22472063.jpg


これもらいました(笑)a0006703_22474771.jpg



そしてただいま日焼け対策パック中です。
焼けた焼けた(涙)。

(注)ここは千葉ロッテマリーンズ応援ブログです(笑)
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-08 22:50 | marines

See you Again

コーイチの引退セレモニーがようやく行われました。
ちょうど幕張滞在の中日だったのですが
あいにくチケットを持っておらずその場に居られませんでしたが
お友達が始球式とセレモニーの様子を見せてくださいました。
ありがとうございます。

戦力外、トライアウト、現役引退、と
ずいぶん前のことのような気がしますがまだ
去年の今ごろはコーイチはユニを着てたので
なんだか久しぶりのようななんでひとりだけピンストなの?みたいな(この日はピンクユニの日笑)
今はBSでMLBの解説してたり(意外にしっかり出来てる 意外?笑)
野球評論家としてのルーキーイヤーを一生懸命こなしてるコーイチ。
セレモニーのときはちょっと吹っ切れきった感じもあって
逆にものすごーくしんみりにはなってなくてかえってそれが
ほっと出来たかなって。
始球式では宗リンにガコーン!と打たれちゃったのはちょっと伝説だけど(笑)。
それにしても宗りん・・・おぬしもやるよのぅ(笑)。

当初予定されていたセレモニーの日
わたしはマリンにいる予定でしたが震災のため中止
見られなかったのは寂しいけど
コーイチは許してくれるような気がします
なんというか・・・
わたしが見たいのはそれじゃないっていう気持ちも実はあったりして。
野球がしたくてしがみつきたくて
でもたくさん考えてユニを脱いだ。
引退してから地元のメディアなどで見るコーイチはいつも
「ユニフォームが着られなくて寂しい」と語っていた、笑顔でね。
わたしはもっとコーイチがプレーしているところを見たかった。
あんなにマリンで野球をしたかったコーイチが
ユニに袖を通してようやくマリンに帰ってきたのに
それが引退のためだなんて・・・
信じたくないって今でもきっと思ってるんだろうなって・・・
だからセレモニーを見られなくても
そんなに辛くはなくて
むしろ
見たくない気持ち、信じたくない気持ちを
まだ引きずっていたい自分の未練を許してしまってる気持ちのほうが
圧倒的に大きいなって改めてわかりました。

それは一ファンの、単なるわがままで
もうどうしようもないこと。
長い間がんばってくれたのにありがとうもお疲れさまも言わないなんて
人として非常識、大人気ないってわかってる。
でももう少しだけわがままなわたしでいさせてください。
始球式よりも晋吾くんをマウンドにして
セカンドの位置、内野ゴロを打たせて4-6-3にするコーイチが見たかった。
右にゆるりと流してライトの奥深くに飛ばす2ベースが見たかった。
もっともっとコーイチがプレーしてるところ見たかった。


もうこれで最後。
コーイチ、ありがとう。
23年間、多分普通の人よりたくさん野球できた。
それでも満足してないコーイチが大好きです。
まだ出来ると思ってる。でもコーイチがした選択。
いつかその道がコーイチの幸せにたどり着く道と信じて
これからもコーイチを応援します。

そしていつかまた
マリンで会えると信じています。
大好きなマリンで大好きなユニを着てるコーイチ
ずっとずっと待っています。

どんなに尽くしても伝えきれないほどの
感謝と愛を込めて。
堀幸一選手、今までありがとうございました。
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-04 19:13 | marines

魂を込めて振りぬけ

タケこと竹原直隆選手のオリックスへのトレードが決まりました。
明日、入団会見があるとのことで
その前にけじめ、てことで。

今年は外野争いが本当に熾烈で
ちょっと前のライトにマティ、レフト紅タンとかを思うと
それはそれは隔世の感のある(^^;激しい競争
(あれはあれでいい時代でした^^;;;)。
チームが強くなる、という意味では本当に
うれしい悲鳴なのでありがたいことだしわくわくします。

選手にとっていちばんの幸せ。
それはきっと人それぞれなのかもしれないけど
やっぱり野球選手は野球が出来て一番幸せなのだと
試合に出て打って走って守って投げて
野球が好きだから野球がしたい
それが出来る場所があるというのがきっと
シンプルにうれしく、幸せなことなんじゃないかなと思います。

和製大砲として入団、人柄もあってすぐに人気を集めたタケ。
タケのマリン初ヒーインも見させてもらったなぁ。
井口道場に入ってからは右への捌きバッティングも出来るようになって
より確実性のあるバッターになったと思う。でも
わたしはやっぱりタケといえば豪快に振りぬいて天高く飛ばすバッティングが
いちばん好き。
タケがバッターボックスに入った時のオーラというか威圧感は
普段のタケからは想像も出来ないほどの圧倒感。
画面を通してもキラキラ輝いていた。すごくすごく大きく見えた背中の25。

浦和で見かけるようになっていつも
「タケずるいよ」って思ってた(笑)。タケがいるとそれだけで
打順の格が上がってしまうもん。きっと
相手チームにとってはすごくやりにくかったと思う。
でもタケは本当はずっとマリンに立ちたかった。
浦和の灼熱の日差しも似合ってたけど
マリンの星空と海風がいちばんいちばん、似合ってた。


タケ
これから違うユニフォームを着るんだけど
野球、出来る
試合に出られる
こんな幸せ、ないよね
わたしが感じるタケへの寂しさはきっと
タケがどんなに試合に出たかったか、マリンに行きたかったか
おぼろげながらでも感じていたからかもしれない
だから今は寂しくない

違うユニを着ていてもタケは野球選手。
野球が出来る喜びを今度は神戸で!
思う存分抱きしめて、もっともっと幸せになってほしい。


大切なお友達がずっとタケを応援していたので
わたしも妙にタケの写真をたくさん撮ってました(笑)
タケは厳しい表情のときはあっても
決してうつむいてない、いつも顔だけは正面を向いて
そして前を向いている。
どんなに傷ついてどんなに辛くてどんなに悔しくて
どんなにマリンに戻りたくて
タケを見ていて一軍と二軍の見えないけれど高くて厚くて大きな壁が
想像以上に厳しいものなのだと教えられました。
不器用で、シャイで、世渡りとかあんまり得意じゃなくて(笑)
それでいて大きくてだからピュアで誰からも愛されたタケ
オリックスに行ってもきっとたくさんの人に愛される
安心して「いってらっしゃい」言える。

そして時々は
浦和やマリン、いろんな場所で応援してた人のことを思い出して。
彼女の日常は自然なほどにタケとともにあった
タケのトレードを聞いたとき、タケがいなくなる寂しさとショックもあったけど
彼女の涙をいちばん最初に思ってそれがいちばん切なかったよ
盲目的に、闇雲にタケを追い掛け回してたわけじゃなく
タケが見つめる方向を同じように見つめ
タケが求める未来をタケよりも案じて
そしてひそかに、心から応援してた彼女
大丈夫かしらと心配してたけどきっと大丈夫

タケが元気でいてくれる
しっかり野球やってる
それだけできっと彼女は幸せだけど
時々、別に口に出したりしなくていいの(笑)
ふとした中でそんな人いたなって
そういう人たちに支えてもらったなって
ちょっとでいいから思い出してね(そうしそうにないから言ってる笑)。
そして
オリックスに行ってもたくさんの人に愛されるはずだから
そんな人たちの支えにも報いれるような
そんなプレーヤーでいてください。

タケ
今まで本当にありがとう。
どこに行ってもタケはタケ。
これからも元気で、いっぱい野球してね。
もちろんこれからもずっと応援するよ





タケ応援歌 now version(2010~)
期待の大砲 今こそヒーロー
タケハラ タケハラ さあ行こうぜ
Lala タケハラ その雄々しさに 強く伸びるアーチ
勝ち取れ タケハラ


タケ応援歌old version(2005~2009)
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-02 19:36 | marines

当たり前の景色

a0006703_22581121.jpg
a0006703_22582497.jpg

4/29~5/1、マリンと浦和に行きました。

遠く離れた場所から心配だけしてはらはらと
想いを募らせていた大好きな場所。
若干びっくりすることもあったけど
普段と変わらない海浜幕張と浦和で
こっちが逆に拍子抜け(笑)。安心しました。

心配していた人たちの安否とか確認して
(震災からこっち大丈夫だったー?みたいな安否確認)
いろんな話をして
会いたい人全員に会えなかったのが心残りですが
それはまたいつかすぐに会える印、と思って
先ほど帰宅しました。
お会いできたみなさま、今回もいろいろ本当にありがとうございました!


当たり前にあった普通の景色が
たった一日を境に姿を変えて
でも
そこはまぎれもなくわたしの大好きな街で

大好きな人がいて

心配して心配して
ちゃんとごはん食べてるかしら
地震続きでしっかり眠れてないんじゃないのかな


元気で
目の前でその笑顔見られて

本当にほっとした
すごくうれしかった

ほんの少しの時間だったけど
ちゃんと話せて、よかった

またこっちに戻ってきちゃって
もう一回最初から心配をはじめちゃうんだけど(笑)

元気で

元気でがんばって!


また会いに行きます。ありがとう!


被災地、余震の続く地方のみなさま
まだまだ予断を許さない状況が続くと思いますが
わたしはどこにいてもみなさまが耐え忍んで今を乗り越えようとしていることを
絶対に忘れません。
どうか負けないで。
全ての人が気持ちほぐれ、笑顔取り戻せる日が
1日も早く訪れますよう心から祈って
そして自分にできる小さな支援を
これからも続けていこうと思います。


**
コーイチの引退セレモニーとか
タケトレードとかは
それだけで語ると1年くらいかかりそうなので(笑)
各1回で締める所存!! 次の記事から(予告)。
[PR]
by sedona1982 | 2011-05-01 22:59 | marines