everytime, close to you


by sedona1982

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
marines
Independent league
baseball
daily life
NIPPON!

LINKS

最新のトラックバック

徳島インディゴソックス自..
from タケじゃなきゃいられない
サブちゃんのトレードにつ..
from タケじゃなきゃいられない
さらば(とは断固として言..
from いすみマリーンズ
四国IL&津球場初参戦!
from タケじゃなきゃいられない
優勝決定戦!!
from タケじゃなきゃいられない
雑草魂【ファイターズ-マ..
from ミーハーが書くマイナーな野球記
細谷圭までもが怪我・・・..
from いすみマリーンズ
ほっともっと1塁寄り
from タケじゃなきゃいられない
タケに会えた!
from マリーンズじゃなきゃいられない
“QVCマリン”で今季初..
from いすみマリーンズ

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
more...

ライフログ


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX


新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX


NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


NHK 大河ドラマ 「新選組!」 オリジナル・サウンドトラック


敗者から見た明治維新~松平容保と新撰組


英傑の日本史―新撰組・幕末編


猫ぱんち―二匹の猫との暮らし


空爆の下で―ぼくらの知らないイラク戦争


アンダースロー論


探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:marines( 101 )

Hot Snowy Days in Satsumasendai / Non Category

もう何だかわかりませんが行けるとこまで行きますよー(笑

a0006703_21401047.jpg
火事だー!… たき火が不完全燃焼した模様です(^^;;;; 
相原くんの決死の消火活動空しくいつまでもくすぶり続ける煙…モクモク…

a0006703_21411938.jpg
この日は宮崎県串間市から西村さん応援隊が駆けつけてくれました。
名物のお芋を見学者に無料サービス!
当然いただきましたとも、ええ!おいしゅうございました(^^)

a0006703_21462751.jpg
雪の舞う陸上競技場にネズミ小僧が!
…阿部ちゃんです(笑 
ネックウォーマーをかぶってサングラスして…(笑)。

a0006703_21543220.jpg
怒られてる…わけではありません(笑)。
室内での走塁練習。
熱血アキラ教室開催。生徒は生山くんだけー。

お待たせいたしました。ガンダム。
a0006703_221925.jpg


a0006703_2221278.jpg


勝手に名付けました江村くんのプロテクター。
…スイマセンこんなんで(汗
シャアもアムロもブライトさんもいません(滝汗
白い方は黒沢くんに
「どうです?いいですか?」とウッキウキで聞いてみたら
「・・・そうでも」とさらっとスルーで凹むエムでした・・・
五月人形みたい(?)。
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-20 22:05 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / Only Lonely Groly

外野手は1人だけ、の薩摩川内。
いったいどうやって練習してるんでしょうか?

2人いました(^^;
a0006703_19205861.jpg
カっちゃんと宮本くん。

外野手登録、としてはカっちゃん1人なんですが
実は宮本くんは守備練習の40%くらいは外野練習でした。
あと50%はキャッチャー、残り10%はファーストとか。
なのでほんとーにあっちこっちあっちこっち。
レガースつけて外してまたつけて…いちばん移動距離が長かったかも。

a0006703_19213228.jpg
ノッカーはアキラさん。
アキラさんがファースト付近にいてカっちゃんと宮本くんはレフト方面。
結構距離あります。
これは多分「目を切る?練習」。
外野手のこの練習、なんだかすごく難しい…。アキラさんはとても細かく
「ベルトの位置からグラブを動かさない!」等々
たくさん語りながらガンガンノック。
このネットの手前にアキラさんがいて
打球の出る位置を見せないようにしてフライをあげていきます。

2人しかいないのでそれはそれは矢継ぎ早にガンガン(^^;。
休む暇ナッシング。
アキラさんはとにかくアグレッシブで、しかも理論派。なので
身体を動かながらもいろんなことを話してて
耳に入ってきたことをいったん頭で考えて
それを身体で動かす、ということが瞬時にできないと
「おらー!できてねぇだろ!」と… うーん、難しいと思うよアキラさん急には(汗)。

a0006703_19352412.jpg
これは何だろな、多分視線を固定してずらさない、みたいなこと言ってたような…
話すときにもOverAction。
かなり具体的で実践的、そしてわかりやすいアキラさん講座。
でも
とにかく動くことも一緒にしなきゃいけないので
カっちゃんも宮本くんも大変そうでした…2人ともそう器用ではないので(^^;。

外野手としての動きの練習はできても
組織というかチームとしての機能の一部である外野というエリアの練習は
全然できません。
何しろ2人しかおらず…しかも1人はマスクでもあるし。
第3クールまではまだポジション別に強化メニューという感じなので
大丈夫だったと思いますが
これから実戦に向けて内野と外野、ホームと外野、といった
組織の連携プレーができないのはちょっと厳しいかも・・・。
特にカっちゃんは多分センター固定になりそうだけど
宮本くんはレフト、ライトどっちかという感じなので
これまたどうするどうするなのです…
右と左という単純なものではないと思うので
そこらへんの基礎をここからどう固めていくかは
実はこのシーズンすごく大事なことになりそうな気もします。

わたしが見てた先週末まではほんとに2人だけだったので
試合も何も…という感じでしたが
このクールからは生山くんも外野練習してるみたいです。
ようやくMy外野グラブが日の目を見ました(^^;。
そして怪我の癒えたよっしーもきっとこのチームに加わってると思います。
2人も専門は内野。でも外野であろうと
試合に出られるなら絶対チャレンジすべきと思います。
自分で自分のポテンシャル、制限するには
時期尚早と思います。もちろん宮本くんも。

マスクであることの誇りは持ち続けてほしいし
宮本くんのマスク姿は世界で一番かっこいと思ってるけど
プロである以上目指す先は一つであるなら
外野フェンスにぶつかる選択も、世界で一番かっこいい、そう思う。
ホームベースからセカンドを刺す送球と
外野からバックホームを刺す送球。
全く違う動きだけど役割は同じ。自分が勝つことを目指してる。
いろんな動き、いろんな理論を
ひとつしかない身体にしみこませるのは並大抵なことではない。
でも
それができる人間としてベンチに選ばれたのなら
その難問、胸を張って受けて立ってほしいと思います。

きょうでようやく魔の?(笑)第4クール終了。
お疲れさまでした。
明日はお休み、そしていよいよ最終クール。
韓国ロッテとの試合、どんな形でチームを勝利に導いてくれるのか
練習試合だけど容赦なし、貪欲に勝ちに行く姿勢を
楽しみにしてます(^^)!
そのためにも明日はゆっくり休んでね。
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-20 19:54 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai /ちょっとBreak

昨日の写真特集に引き続き。

写真が多いということは
文章を考える思考能力が落ちてるってことで…(汗。

a0006703_14431195.jpg
セントレアから鹿児島へ。今年からJAL便が無くなりANA。

セントレアからひとっ飛びー
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-20 15:48 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / リクエスト特集

もう書くことも無くなってきて(うそつけ)
何から書いていいかわかんなくなったので
写真でごまかします(言い切った)。

へッポコ写真でごめんなさい
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-19 23:44 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / ○○ナイト

恒例の"○○ナイト"。
今回は鹿児島ナイトでお送りいたします(^^)

ステイは薩摩川内だったのですが
どうしても行きたくてここに行ってきました。
ちゃんこ千代茶屋」。
晋吾くんのブログでも紹介されてて
とてもおいしい!との評判だったので予約して行きました。
メニューはちゃんこ鍋オンリー!
男らしくこれ一本で勝負です!

とはいいつつお任せのオードブルつき。
なんとっ
ウニがてんこ盛りー!すごっ!
これどれくらいの大きさかというと多分ミート皿(直径27cmくらい)に2人分どーん!
サザエとか数の子とか海老とかすごかった…
a0006703_22103026.jpg


そしてメイン。
塩ちゃんこ鍋ー!!
テーブルの上にコンロを置いてサーブされた時には
出来上がってきてるのであとはただ食べるだけー(笑)。
塩ちゃんこなので素材の味がそのまま来てとってもシンプル。
おだしが聞いててほんとに何杯でもいけちゃう。
透明なスープがずっと透明なままだったのがびっくり。
このお鍋で1日分のお野菜補給完了。
a0006703_2211845.jpg


お鍋にはとり団子なども入っていてもうこれでお腹いっぱいなんですが
鹿児島なので当然豚肉も!
手のひらサイズくらいのおっきな切り身がどどーん!
の下敷きは山盛りの白菜…ジーザス!(笑)
a0006703_2211225.jpg



撮り忘れてしまったのですが
締めはなんとびっくりのチャンポン麺でした!
わたしはこの組み合わせは初めてだったのでかなり衝撃。
細くもなく太くもない、縮れてもいない、白くもない…
「これ何?」と聞いたら
「え、ちゃんぽんめん」とこともなげに返されました…。
九州では締めはチャンポン麺がスタンダードだそうです。
これまた程よくスープを吸っておいしく出来上がり…
替え玉ほしかった(ラーメンじゃないから笑)。

予約の段階でちょっとお手間を取らせてしまい、
お店の方には大変ご迷惑をおかけしました。
でもおかげさまでホントに寒かった日に気持ちいっぱいで
あったかくおいしくいただくことができました。
なぜかお店の人がみんなトレーニングウェアを着てたり
「M」マークのウェアだったりしてうふふなのです(笑)。
入口のすぐ横にはサトと俊ちゃんご来店の際の写真もあり♪
メインの通りからちょっと入ってさらに細い路地を行くので
表からはわからない隠れ家的なお店で、とてもこじんまりしているので
要予約です。
鹿児島に行かれた際はぜひぜひ!

○○ナイトと称した夜は
ただひたすらにかもめ~ずのことだけを語り尽くすので
ストレスも発散?できてすごく幸せな夜になるのです☆
お腹もいっぱい、気分もハッピー
そしてうとうとしながら薩摩川内に戻ったのでした…

目覚めた翌朝猛吹雪…orz。
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-18 22:38 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / 54の系譜

短かったとはいえオフの間はユニ姿を見ることもなく
今年も浦和には行ってないので久しぶりに会うみんなの笑顔に
寒さも吹き飛んだ初日。

ランとアップをやってる間はまだみんなはグランドコート着用。
そりゃ寒いもんね。
それが終わるといよいよユニ。
去年よりもベージュの色合いが強い冬の芝の上に
まっさらなピンストライプが散らばる。
うーん、まぶしい!

野手陣とP陣がわかれてそれぞれキャッチボール。
冷たい空気を切り裂いて
バシン!バシン!っていうグラブにボールが吸い込まれる音が響く。

その中の
ひとりの背中にくぎ付けになってしまった。
「54」。

久しぶりに会う「54」。わかっていても心拍数が上がる。
54の上には「KUROKI」とは書いていない…
そこには「FUJIYA」とあった。

今まで見てた「54」とは全然違う大きさ。
なんで?大きな背中だから?
でも同じ文字のはず。
胸がズキズキする…。

ボールが行き交う合間に
54がひらり、ふわりと舞う。
どんなにこの背中を見つめてたか
どんなにこの背中に会いたかったか…
うれしくて声が出そうなくらい想いがこみ上げる。
でもそれはもう
違う人の背中。


ブルペンの一番奥。
まっすぐに立つとどれだけおっきんだろ?
いちばん奥にいるのにすごくよく見える(笑)。
長い脚を力強く前に踏み出し、上体が垂直のままほんの少し沈む。
テイクバックはほんの少し、クイックに近いくらいのすばやさで
大きな右肩が前に押し出される。
手投げに近い感じ?でもすごくキレがいい。
手首のスナップ?それだけじゃない感じ。
自信があるのは「スピード」と語ってた。ほんとにその通り
すっごく速い。
きっと球速だとそんなでもないのかもしれないけど
キレが鋭いというか
ズバーン!というよりズキュン!という感じ。
重さというよりスピンなのかなぁ
想像以上の球速です。
身体全体にまだ硬さがあるので
これで柔軟性を持たせて、上半身と下半身が連動するフォームになったら
なかなか手出しできないかも。
NOMOさん直伝のフォークを磨くのもあり
ストレートでコントロールの精度を上げるのもあり。
すごくポテンシャルを感じるピッチングです。

フィールディングはもう練習しかないかな。
何しろおっきいのでマウンドから降りてゴロを処理して
送球してベースカバーに入って…の一連の動きが
どうしてもぎこちない。
もっと腰を落として!って思うけどあんまり腰を落とすと
今度は走り出せなくなっちゃったり…
こればかりは反復練習あるのみかな。
あんまりやったことないのかなぁと思うけど…。
動きもそうだけど「なぜこのアクションが必要なのか」
その考え方をインプットすれば、おのずと身体も動いていくんじゃないかな
そう思います。


日本での野球経験がないという経歴ばかりがフィーチャーされてしまうけど
マウンドに立てばやることは同じ。
一度マウンドに上がればそこには
「うりゃっ!」吠える姿がそこにありました。
当然in Japanese。
左打席のカっちゃんに一度はバットをへし折り、
もう一度同じコースに攻めてバッターボックスから飛びださせる。
全然スタイルは違うけど
なんだか「ようやく会えたね」そう思ってしまった。

吠えるマウンド、強気のピッチング。
背中に翻る「54」。
背負う意味をいつかでいい、自分の身体で、気持ちいっぱいで感じてほしい。
チームが低迷していたころ、あなたと同じようにマウンドで吠えていた人が
背負っていたナンバー。
チームのために、自分の身を削り太く短い選手生命を
力の限り燃やし尽くしてくれた「魂のエース」。
いつかマリンでコールされる「藤谷周平 背番号54!」
熱く激しい歓声がきっとあなただけに降り注ぐ。
それは
54を継いだものだけが感じることができる、最高の栄誉。
これからは藤谷くん、あなたがその栄誉をもっと光り輝くものに
育てていってほしいと思います。

久しぶりに会う54に
ありがとう、とこれからもよろしくね、と。
あんなに会いたかった背中に
これからはいつでも会える。

あなたの54に。

a0006703_20205214.jpg

Capのかぶり方がちょっとアメリカン(^^)。
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-17 20:23 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / Don't try to stop it!

a0006703_22391549.jpg

雪が舞うブルペン。
ルーキーにはカンケーないね!

今年は久しぶりに大所帯のルーキーくん。
育成くんまで含めると10人います(森夫さん含む)。
相変わらずピッチャーばっかりですが(笑)久しぶりにキャッチャーを2人も取りました。
小池くんは石垣で英才教育発動中(笑)、もうひとり江村くんは
まずは野球人としての基礎固め?(社会人としての基礎も含む^^;)、発動中です。

名門大阪桐蔭高校の正捕手という輝かしいキャリアの江村くん。
1年からベンチ入り、2年の秋にはなんと5番に座っていたそう。選抜にも出場しています。
そんな江村くんのいちばんの売りは「強肩」だそう。確かに肩は強そうです。
強いだけじゃなくストライクでセカンドに届いてたので
送球については自信を持ってやってるんだなーと思います。
バッティングは小柄だけど大振りもせず脇をきちんと締めて
コンパクトにぱかーん!と当てて飛ばしてました。
フォロースルー、誰かに似てる・・・と思ったらカブレラさんに似てた(笑)。
やっぱり誰でもそうだと思いますがバッターって当たって飛んでくのが快感なんでしょうねー
打ったあとの表情がちょっとした「ドヤッ」になってました(笑)。
練習の段階なのでなんとも言えませんが将来的にはサトのような
勝負強い、ここぞの場面で打てるバッターになってほしいなぁと夢みちゃいます。
本人は大きいの打ちたいと思いますがそうはうまくいかないでしょうし
どちらかというとマスクのほうをいっぱい勉強しなきゃいけないと思うので
まずは準備をちゃんとやって、ベンチの期待に応えられるバッティングがいつでもできるよう
自分のいいところを伸ばしていってほしいなと思います。打つほうについては。

さてさて本職のほうです。
キャンプ中はそれぞれのポジション別にグループに分かれて練習をしてます。
江村くんは当然野手チーム。の中のマスクチーム(当たり前ですけど)。
マッチを筆頭に、青松くん、宮本くんの後ろからちょいちょいついてくちょっとちっさい子、それが
江村くんです(笑)。
ちっさいといっても176cmありますけど・・・青松くんと宮本くんが大きすぎる(笑)。
プロテクターやレガースはずしちゃうとまだまだって感じですねー。でも
キャッチャーぽい風格?はあります。ちっさいけど(しつこい笑)。
ブルペンでは先輩たちに挟まれて一生懸命キャッチング。
いちばん声が出てるのはマッチ?名セリフも多数聞かせていただきました(笑)。
青松くんも声出るようになったなあ・・・
はじめて見たころはどんな声してるのかわかんないくらいだったのに(笑)。
宮本くんは相変わらずちょっとハイトーンで(*^^*)。
インタビューは声小さいのにブルペンではかなり通る声・・・うふふのふー。
そんな先輩たちに囲まれてちょっと萎縮気味の江村くん。

声出てなーい!(笑)

いや出てたのかもしれないけど遠慮しちゃったのかあんまり聞こえなかった・・・orz。
ルーキーくんの取り柄ははっきり言って「元気」!だからしっかり声だしてほしかったです(^^)。
別の練習、室内での投内連携の際も遠慮しちゃったのか
サインがこじんまりしてしまい正人から「そんなんじゃわからへんっ!もっと大きく見せろ!」って
早速お叱りが飛んでたし・・・。
うん、やっぱり新人くんは大げさなくらいゲンキにやろう、ね!

高卒野手ルーキーは去年の翔太くんに引き続きの入団。でも
キャッチャーというポジションで高卒入団ってわたし、初めて見たかもしれません。
受け入れる側のコーチたちもなんとなく
「これからどう育てていこうかな~」と楽しみな感じで江村くんを見守っていました。
当然のことながら袴田さんにはこれまた手取り足取りな感じで
一挙手一投足じっと見つめられてたブルペン。
第3クールからは投内連携にサインプレーも加わり、またひとつ覚えること増えて大変だと思うけど
たくさんの可能性を秘めた江村くんに
本当にたくさんの人が大きな期待を寄せていると思います。
高校の大先輩、西岡剛も入ったばかりのころは右も左もわかんなくて
練習いやになっちゃってはサボって怒られて(こんなこと書いていいのかな笑)
西村さんや慶彦さんに怒られて・・・そんなところは真似しなくていいけど(笑)
先輩が残してくれた軌跡をそのまま辿るのもあり、だし
自分で一から切り開いていくのもよし!
今の自分をここからどう大きくしていくか。それは
先輩やコーチの力ではなく、江村くん本人の強い意志でしかできないこと。
今すぐでなくていい、3年後、5年後には
「あの江村がいるチーム」とマリーンズがなっててくれるくらいの、
そんな選手になってくれたら、と思っています。
a0006703_2082628.jpg

袴田さんも付きっきり。

まずはこのキャンプを怪我なく乗り越えること。
練習全てをていねいに、大切にこなすこと。
当たり前のこと、当たり前にできるように。
いっぱいの希望を抱えて始まったばかりの江村くんのプロ野球人生。
どうか1日でも長く続いていきますように!
a0006703_20103743.jpg


先輩も負けてられないね!
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-16 20:08 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / 先発、俺

薩摩川内、きょうから第4クールが始まりました。
去年までと違って移動がないのでみっちり腰をすえて出来てるかなと思いますが
月初めがあったかく、そして先週は寒く、と体調管理が大変な環境なので
疲れから怪我など出ないか心配な時期です。
特に今年は短時間の間に集中していろんな練習をめまぐるしく、なので
その日の疲労はその日のうちに解消しておいてほしいなと思います。

そしてきょう、このクールのお休みが変更と発表されました。
最初は20日(日)がお休みの4日間クールだったんですが
天候の都合などもあると思いますが1日追加の5日間クール。
次のお休みは21日の月曜日です。
お休みが前倒しになるのはうれしいこと!でテンション上がると思いますが
(わたしなら上がります笑)
お休みがあとになるとちょっと「えぇ~」ってなってるのかな(笑)。でも
プロならこういうことは往々にしてあるわけですし、連戦などあったらもっとタイトになると思うので
こういう変更にも随時対応できる体調管理も学んでおいてほしいなと思います。

ただ、今年のキャンプは滞在期間中3回ある週末のうち、
2回は土曜日、または日曜日のどちらかが
お休みになってしまうスケジュールだったので
見学に行かれる方にはうれしい変更だったかもしれないです(^^)。
もしかしたら幻の練習試合とかあったりしたりするかも?
遠方からスケジュールを立てて行かれる方には
ちょっと急で変更が難しいかもしれませんが
お近くの方、特に地元の方にはできればちびかもめたちのがんばってる姿を
たくさん見ていただけたらと思っていたのでうれしい変更です。
去年は少年野球教室などもあったりして地元の方と触れ合う機会も多かったので
この週末にはそうした触れ合いタイムが予定されてるといいなと思います。
もちろん練習第一ですが薩摩川内の方はみなさんとてもお優しく、
ちびかもめたちの練習にとっても協力いただいているので
少しでも何か還元できる活動があるといいかなと思ってます(^^)。

a0006703_22182089.jpg


先日お邪魔した際に発表されていた幻のスタメン。
地元の消防署の方のチームとコーチチームによる練習試合が予定されていたのですが
あいにくの荒天で中止になってしまいました。
もしかしたら今度の週末で見られるかもしれません(^^)。
現地でご確認いただければ、と思います。

それにしても先発が西本さんで
トップバッターが慶彦さんという超豪華メンバー!
返す返すも見たかった・・・(涙)。
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-16 19:02 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / Over Drive 29

12年ぶりのファームスタートになった晋吾くんです。
日本シリーズまで投げてたのでまさか骨折してるとは…
ほんとに満身創痍で投げてくれてたんだなあと
改めて日本シリーズおめでとう、とありがとうという感じ。

第2クールまでは別メニューでしたが
第3クールの2日目からレギュラーメニューに合流。
ボールを持ってキャッチボール、意外に激しい(笑)ノック。
時折黒木さんやコンディショニングコーチから
「投げすぎんな」「やりすぎんなよ」と止められるほど。
指の骨折だったのですぐに動けるよう
身体はしっかり作ってあったようで、そこは「さすがぁ」なのですが
練習OKとなったら即うきうきと(笑)普通に練習しちゃうのが
晋吾くんのいいとこであり「ちょっと!ちょっとちょっと!」なとこでもあります(笑)。

ランとサーキットトレの後は投内連携など
グランドを使った練習。
その横、ファールグランドでは守備練習。
主にゴロをさばく練習や送球の練習などが行われます。
トスされるゴロを前に向かって走って捕球して送球
地味な練習ですが意外に?ハード。
全部終わるころにはみんなへとへとです。

a0006703_2120114.jpg


もちろん晋吾くんもこの練習にはきっちり参加。
もともとピッチャーにしておくのは惜しいほど(え?)
フィールディングが上手な晋吾くん。
かなり大きな声、多分一番聞こえてました。
おーい、同じチームのほかのみんなー
アニキはこんなに熱いぞーもっとがんばれ声出せー(と心の中で叫ぶ笑)。

一通り練習をが終了すると
他のみんなは次のメニューのためそれぞれの場所に移動。
ブルペンとか投内連携とか。
晋吾くんはそのまま残って志願の居残りノック続行。
「もっと強めの」「あー!あかんっ」「あと5本っ」
億のお金で契約しているBigNameがここまで地道に練習している…
それを目の前で見させてもらうだけで胸がジーンとなる感じ…。
他の練習してるよりこれを見てたほうがずっとためになるんじゃないか
そんな気さえしてきてました(いやもちろん他の練習も大事)。

20分ほどノックを受けた後ようやく終了。
ノッカーの黒木さんがひとこと
「おまえは飛ばしすぎなんだよ」「もう少し加減してよ」と
辛口お説教(笑)。
指の骨折、腰の疲労、100%完全な身体ではないけど
その「今の自分」と正面から向きあい
その中でできる部分を引き出すテクニック。
今、一緒に練習しているちびかもめたちには
ぜひ見習っていただきたいなぁと切実に思います。

a0006703_223174.jpg


ノックの後はトンボでならしておく、これお約束。
晋吾くんも当然、トンボかけします。
率先してトンボかけをしていたところに
慌ててやってきた練習お手伝いのバイトくん。
「あ、自分がやります!」とかなり恐縮。
でも晋吾くんはこともなげに
「あー俺がやっとくからいいよ」とさも当たり前に
さっさとトンボかけ。
結局バイトくんの恐縮に負けて?トンボを手渡して
次の練習場所に向かう晋吾くん。
どんなに高額のお給料をいただいていても
18年目のベテランになろうとも
当たり前のことを、普通にできる。
だからわたし、晋吾くんのこと、尊敬してるんだろうなぁって
改めてと感じました。
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-15 22:03 | marines

Hot Snowy Days in Satsumasendai / 手取り足取り


*短いですが音声が出ます。ご注意ください。

サトケンコーチ、今年はいっぱい手取り足取り。
翔太とは主にショート守備位置でのノック。
晃多くんはサブグランドでの特守。
そして生山くんは送球の練習。

大変です(でも嬉々としてやってる笑)!

そんなサトケンコーチと生山くんの
捕球してから送球するまでの指導の模様。
本当に手取り足取りで実際に身体を支えたりとかとても微に入り細に入り。
身体能力も高く、ピンと来るのが早い生山くんなので
サトケンコーチも教えたいこといっぱいみたい。
生山くんは今年からスイッチの練習も始めているので
バッティングも去年の倍の練習時間割いてます。
当然居残り。
そしてベーランの合間には慶彦さんやアキラさんから直々に
ランニングの特訓(姿勢とか腕の振りとか)を受けてます。
みんな生山くんならできる!と踏んでのマンツーマン特訓です。

生山くんにとっては3年目の正念場。
多分今まででいちばん緊張感持ってるキャンプだと思います。
顔つきが全然違ってた。ぎらぎらしてる感じでした
(もちろんいつも通りの明るい生山くんではありましたけど)。
初めての経験、積み上げていくもの、越えていく壁
たくさんの試練があるけど生山くんが乗り越えていけるからこそ
用意された大きな試験。
絶対乗り越えていってほしいと思います。

まずは支配下登録!これしかないね。
がんばれ生山くん!
[PR]
by sedona1982 | 2011-02-14 23:03 | marines