everytime, close to you


by sedona1982

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
marines
Independent league
baseball
daily life
NIPPON!

LINKS

最新のトラックバック

徳島インディゴソックス自..
from タケじゃなきゃいられない
サブちゃんのトレードにつ..
from タケじゃなきゃいられない
さらば(とは断固として言..
from いすみマリーンズ
四国IL&津球場初参戦!
from タケじゃなきゃいられない
優勝決定戦!!
from タケじゃなきゃいられない
雑草魂【ファイターズ-マ..
from ミーハーが書くマイナーな野球記
細谷圭までもが怪我・・・..
from いすみマリーンズ
ほっともっと1塁寄り
from タケじゃなきゃいられない
タケに会えた!
from マリーンズじゃなきゃいられない
“QVCマリン”で今季初..
from いすみマリーンズ

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
more...

ライフログ


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX


新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX


NHK大河ドラマ 新選組 ! スペシャル DVD-BOX


「新選組!」オリジナル・サウンドトラック第二集


NHK 大河ドラマ 「新選組!」 オリジナル・サウンドトラック


敗者から見た明治維新~松平容保と新撰組


英傑の日本史―新撰組・幕末編


猫ぱんち―二匹の猫との暮らし


空爆の下で―ぼくらの知らないイラク戦争


アンダースロー論


探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今年も一年ありがとうございました

きょうでようやく仕事納め。
今年はなんというか…ぼんやりした感じで終わってしまう、そんな年でした(^^;
ONでは仕事内容はほとんど変わらない(というか今まで散漫しすぎてた)けど
仕事をする場所が変わり、自分の生活にもちょっとだけ時間の余裕ができました。
その分みっちり野球を詰め込んだのであんまり変わらないけど(笑)。
前の職場でスタートした年の始めはいきなりフルスロットルで走り出し、
気がついたら夏あたりに息切れして8月は本当にきつかったなぁ…
あれは猛暑のせいだけではなかったのだ…と言い訳。
秋には職場が変わって今のとこに来てからまだ慣れてないというか
なんとなくお客さん扱い?でしたがようやく常連さん(笑)クラスに格上げ?
来年はもうちょっとしっかり仕事しまーす。

OFFではご存じの通り後先考えずに走り回りました。
好きなことをやっているのでストレスは感じないけど
シーズン終わりにはさすがに体力(と財力^^;)に限界が…。
ナゴドでの歴史的7戦目、現地に行けなかったのがほんとに残念。
いろいろとご迷惑もおかけし…ほんとにごめんなさいでした。
別記事にも書きましたが今年はあまり浦和にも行けなかったので
それもかなり後悔してますが(笑)それはまた来シーズンの課題、ということで。


かもめ好き、としては日本一に3つなれたので(実はジュニアマリーンズも日本一になりました!)
ほんとによかったよかった、です。
ただやっぱり
レギュラーシーズン1位になれなかった。前回もそうだったので(05年は2位から日本一)
これはほんとに「悲願」だなぁと。
144試合、ずっと戦うことも難しいのにそのうえで1番になるって
本当に大変。今年は開幕ダッシュもあったのでもしかして?と思ったけど
それでも1番にはなれない。ほんとに大変だなぁと実感しました。

1試合だけよくてもダメ。1人だけよくてもダメ。
144試合、すべてを100点満点で、というのは難しいと思うけど
そうなるように準備する、その心構えだけなら今すぐできると思う。
結果がすべてのプロ、ですが
去年のチームから、今年は下克上を成し遂げられるまでになった。
その過程にたくさんの人が惜しみない拍手をくれた。
がんばった結果、1位にはなれなかったけど
がんばった結果、日本一にはなれた。
何かを為そうと汗を流してがんばる姿にやっぱりたくさんのファンが
熱い応援を送ってくれるのだとしたら
結果は準備と、日々の心がけの延長線上にあるものなんだな、と
改めて知った、そんな今シーズンでした。


今年は自分の中でも何か
いろんな景色を慌てて、たくさん見ようと欲張りすぎてしまった年、そんな
中途半端な年になってしまったなと感じています。
もちろん見させてもらったたくさんの景色はひとつひとつ
美しくて心に残るものでしたが
それをきちんと自分の中に落とし込むように
反芻できる余裕がなかったな、と
どことなく浮ついて慌てて「処理」だけしてしまった、そんな毎日を過ごしてしまったなと
そんな反省の年になりました。

来年は、というかこれからは
たとえば誰かにあいさつをするときは
きちんと目を見て大きな声であいさつする、とか
文字と書くときは流さず、一文字ずつきちんと書く、とか
そういう「丁寧な」年、にしていけたらなと思います。
毎日が忙しく、慌ただしい中
ともすれば結果が良ければ経過は後付けで、と考えてしまいがちだったけど
結果を重視するならば経過をきちんとできるように
自分の身の丈に合った行動、生活をしていけたらなと
来年だけじゃなく、これから少しずつそういうことが身に着くように
そんな「ていねい入門編」な年にしていけたらな、と思います。

美しく、得難い景色をたくさん見させてもらいました。
もう二度と見られないユニフォーム姿
もう来ないかもしれないグランド
もう会えないかもしれない人
ずっと胸の奥でリピートできるように
一瞬一瞬を大切にしていけるように。

今年も1年ありがとうございました。
いつもたくさんの方々から励ましていただき
本当にわたしは果報者。
そんな人間じゃないって自分で知っているから余計にありがたく感じます。
いろんな思いをいただくたびに
わたしはみなさまにきちんとお返しできているだろうか
ちゃんとやれてるだろうか
自分に問いただしています。
お会いしたこともない方、いつも元気を下さる人
どなたもわたしにはかけがえのない存在です。
間違いも過ちも多い、不完全なわたしですが
みなさまからいただくあったかい気持ちが支えになって
毎日を何とかがんばれています。
わたしがブログを書くことで過ちを犯したり誰かを傷つけていたとしたら
全然気がつかずに過ごしてしまっていること
不用意なわたしを猛省し
この場をお借りして心からお詫び申し上げます。

来年もまた
いろんな出会いにあふれる幸せな年になりますように。
みなさま、健やかに明るい新年をお迎えください。

sedona@はばたけかもめ
Dec,31,2010
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-31 00:08 | daily life

年の瀬に(ちょっと)Big News

世間さまは仕事納めですが
わたしはまだまだ仕事でーす。
30日までフル出勤でーす。

何にも準備してないわたしにお正月は来るのでしょうか…(汗

職場にもいろんなお客さん(仕事上の)がやってきて
「今年も1年お世話になりました~(にこにこにこー)」と年末のご挨拶。
そうね、あなたは明日からお休み。
わたしはまだ仕事(しつこい)。

っち(舌打ち禁止!笑)


そんな年の瀬に(ちょっと)びっくりするニュースが!

ロッテが161キロ右腕マクローリー獲得(デイリースポーツ 12/28)
ボブ・マクローリー投手の入団について(千葉ロッテマリーンズ公式サイト 12/28)

鴨川でテストを受けてたマクローリー投手が入団とのことです。
年末押し迫ったこの時期に…仕事納め前の最後の仕事?
161km/h投げるそうですが…もう球速についてはアブさんの例があるので(笑)
どんなスピードボールと聞いてもあんまり驚きませんですよ(笑)

そうですよ、びっくりしたのはこのニュースじゃなくて(違うんだ笑)こっち!

塀内選手背番号変更のお知らせ(千葉ロッテマリーンズ公式サイト 12/28)

ってえぇぇぇぇっ!?また塀ちゃん背番号変わるの?

てか

2年連続強奪されるとは(号泣
カワイソス!
とちょっと「いくらなんでも」な気分になっていたら
今度の番号がこれまたびっくり

なんと栄光の

23

ですってー!!(笑)

いやーっ
もしかして
「Go!Go!塀内久雄っ!」なのー?(嬉

確かに「16」はなんとなくピッチャーな番号だったので
むしろこっちのがしっくりきそうな…
てか
アキラさんの許可はいただいたのか!?と(いやアキラさんはもう番号違うけど笑)。

塀ちゃんファンの人…もしこれでユニ作ったら
「52」→「16」→「23」…

なんか
回数券とかポイントカードとかほしい感じ(笑)。
ファンのみんな、ボーナスやお年玉の一部をユニ作成資金に!(笑)。


多分今年最後のびっくりニュースfrom公式タン、でした。

もうないよね。多分…ないよね?(誰に確認?)
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-28 22:23 | marines

Back to the 2010 ③ Sweet or Hard?

実家でリフレッシュなう!

ロッテの宮本選手がふるさとで飛躍誓う(日高新報 12/28)

今年は割と早い目?の帰省になったのかな?
でも
オフには黒滝くん、ネモティ、金澤くん、トシオの豪華(多分笑)挙式4連発が
あったみたいだからきっと宮本くんもお呼ばれにあずかって
幸せおすそ分け~…されてたんじゃないかと…
そして
若干のお祝儀ビンボーの憂き目にあったのではないかと…

いやいやこれもオトナのおつきあいですし!
何よりうれしいことなのでドーンと大盤振る舞いしてあげてください!(したと思うけど…)。

男の人はどうなんだろーねー
ジョシはいろいろ…お祝儀以外にもいろいろ投資が必要なので
(着物の着付けとか…さすがに留袖は自分で着られない…orz、それに伴う美容院とか…)
お祝儀ビンボーはほんと切実だよね…ねぇ
って

何の話だ(笑)
とにかく
黒滝くん、金澤くん、ネモティ、トシオ
ご結婚おめでとう!(かなり遅いけど)。



そんな大人の事情をさくっと片づけ(笑)
久しぶりのご実家への帰省中な宮本くん。
さすが日本一(ファームも日本一だよ!)メンバー
地元メディアも取材に来ます。年末なのに。
お疲れさまですなのです。

今年、わたしは浦和には2回しか行けませんでした。
そのうち宮本くんがゲームに出てるのを見たのは1回だけ…
あと宮本くんがプレーしているのを見られたのは
新潟の日本選手権の時だけです。

今や21世紀、いろんな情報はほぼリアルタイムに
手に入るようになり
たくさんのお友達から
「宮本くん、元気にしてるよ!」
「きょうホームラン打ったよ!」って
いっぱいお知らせもいただいて…
(その節はみなさま、本当にありがとうございました。)

安心してたわけじゃないけど…なぜか
浦和に足が向かない時期がありました。

素直じゃないわたしは
一軍で、マリンで宮本くんに会いたい、と
ずっとずっと我慢してたところ、ありました。
浦和で、すぐ近くで会えるのもうれしい、と思うけど
ようやく支配下になって1年、春のキャンプからオープン戦がとにかく好調で
「今年こそはマリンで会えるんじゃないか」
そう思ってしまってから


そして
同時期に支配下登録された
岡田くんやムニさんが一軍に上がる姿を見てからなおさら
「宮本くんもきっと一軍に上がれる」と意固地になってしまっていたのかもしれない。

なかなか


なかなか本気の気持ち、書けないわたしだけど
きょうは年に一度なので(笑)書きたいと思います。


めちゃくちゃ悔しかった。
なんで宮本くんがマリンに行けないんだろうって…
一軍に呼ばれないんだろうって
球団メールでお知らせが来るたびにどきどきして
空回りして
でも次こそはとうっすら期待して…

岡田くんやムニさんがマリンでコールされるのを聞くたびに
「早く谷保さんに名前呼んでもらいたいなぁ」って

もちろん
岡田くんもムニさんも大好きなのでがんばってくれるのはうれしいし
みんなから声援を受けてるのを見てるのは本当にうれしかった。

でも
いつも心のどこかで思ってた「これが宮本くんだったら」って


一軍に行けたムニさん、岡田くんと宮本くんとの間に
何の差があったんだろう、どんな違い、何が壁で存在してて
何が足りなくて一軍に行けなかったんだろう…
練習もいっぱいしてるし実績も残してるし怪我もきちんとケアしてる…
何が足りないのかな
何があったら一軍に行けるのかな


育成だった頃、ゲームに出られない背中を見ていて
自分が苦しくなるくらい悔しい思いをしていたのを知ってるので
今、支配下登録されてレギュラーでゲームに出られるのは
格段の喜びのはずなのに、わたしやっぱり
全然満足してない。
それはきっと

宮本くんのほんとをもっと知りたいと思っているからだと思う。

本当の宮本くんはこんなじゃない。
浦和でくすぶってるような、そんな選手ではない。
バッターボックスに立つと放たれる
それまでに見られなかった高貴なほどの鋭い光。
柔らかさと瞬発力、そして確実性が今年はぐんと増したと思う。
シーズン初めに比べて新潟で見た時は本当に
同じ選手とは思えないくらい「オーラ」感じた。
普段はふんわり柔らかくて鋭利さなんて見せもしないのに
打席に立つとまるで人が違うかのような佇まい。
決して浮き足立つことなく踵を地面にしっかり踏みしめ
視線はきちんと正面を向いて
まるで

福浦くんの打席のよう


新潟の試合、ライトを守っていて
最後のファールフライを取ってから
ホームに返したときの送球、あれはもう
キャッチャーの送球ではなかった。
あの姿を見たときにこの1年のたくさんの練習の時間と貴重な経験が
宮本くんをまたひとつ階段、上がらせたんだなと実感しました。


がんばっている宮本くんに「がんばってね」となかなか言えず
かわりにいつも
「これからも応援したい」とだけ伝えてきた。
その気持ちは変わらないけど
これからは「もっとがんばれ!」とも伝えたい。
がんばってるの知ってる。これ以上がんばれないくらいいっぱいがんばって
毎日きちんと野球に取り組んでいることも。

でも
やっぱりわたしは宮本くんに一軍に行ってもらいたい。
誰にも負けたくない気持ちがあることを知っているからこそ
この壁を乗り越え、足りない何かを自分の力でつかんで
そして正々堂々と胸を張って一軍に行ってほしい。
浦和は大好きな、素敵な場所。でも
ずっとそこで会いたくない。
そんな気持ちが多分、わたしを浦和に向かわせなかったのかもしれない。
1年かけて認めた、自分の2010の本気の気持ちです。

岡田くんが新聞紙面を飾った時
うれしい気持ちと
これが宮本くんだったら、という気持ちが同時に同じ分量だけ湧き上がってきたけど
それをどこにも誰にも言えずにいたので
年越しを前に(笑)今、ここで白状してみました。

来年の今ごろは
清田くんバリに(笑)あっちこっちにひっぱりだこになっててほしい。
「大丈夫?練習できてる?」って心配したい(笑)。

そして
マリンでたくさん会えたらなと心密かな野望も(笑)。

わたしって厳しすぎるかなぁ…
もっと素直に「がんばってね!」だけでもいいのかなぁ…

それはまだちょっと迷い中(笑)。

プロだから感じる「甘さ」と「厳しさ」。
3年過ぎた宮本くんに
適量で配分されるようになってるといいなと思います。

来年はもっともっと会いに行こうと思います。今年会えなかった分。
今年へそまげて我慢しちゃった分(笑)。

マリンでも
浦和でも(結局どっちでもいいんじゃん笑)。
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-28 21:57 | marines

これからもずっとマリン

これぞ大人の対応。
某どこぞの通販会社とはわけが違う←

千葉マリンがQVCマリンフィールドに(デイリースポーツ 12/27)
スタジアムの新名称が「QVCマリンフィールド」に決定(千葉ロッテマリーンズ公式サイト 12/27)


QVCジャパン 千葉マリンスタジアムの命名権の優先交渉権を千葉市より取得(QVC公式サイト)

来年からネーミングライツにより「千葉マリンスタジアム」は名前が変わることになっていました。
いろんな会社が入札してくださったようでありがたいことです。
個人的にはやっぱり
地元にゆかりのある企業、そして
マリンスタジアムという名前に対してかもめ好きがどんな気持ちを持って
接してきたか、わかってくださる企業
そんな懐の深い方に買っていただけたら…と思ってました。

そんな中、千葉市が応札したのは地元、海浜幕張に拠点を構える
テレビショッピング運営会社、QVCジャパン。
なんと10年契約、年間2億7千万という太っ腹な条件を提示してくださったとのこと
最低でも2年というのが入札条件だったのでこれは本当に太っ腹。
お気軽な気分で入札したんじゃない、かなりの本気度がうかがえます。

そしてこのたび新しい「マリンスタジアム」の名前が発表になりました。

「QVCマリンフィールド」

だそうです。

ネーミングライツなので当然企業名が入るんですが
なにがうれしいってマリンという名称を残してくれたということ。
これに尽きるかな。
どんな名前になってもわたしはマリンをマリンと呼ぶ、と
半ば意地になってた時もありましたが(笑)
これで正々堂々「マリン行く?」って言えるー♪
(前後端折ってるけど笑)。

応札側の千葉市市長、熊谷さんによると
「『マリン』という名前を残してほしいというファンの方々の心情に配慮してもらった」
とのことだったので企業側の努力というか
単なるネーミングライツで名前を売ろうっていうだけじゃない
企業としてできることと地元に還元できることを
きちんとすり合わせてくれた結果かなぁとちょっとうれしくなりました。

企業がこうした形で自分たちの利益の一部を投資する際
やはり自分たちへの還元を第一に考えるのがビジネスなんだろうなと思うので
それが優先されるのが当たり前と思っていた、でも
今回のこうした「配慮」が本当に、力も何もない一介の野球好きには
胸にしみるありがたさ。
ほんとにうれしかったです。

今、マリンは新しい人工芝に張り替え中とのこと。
長かったシーズンを終えてひとときの休息の中にいます。
新しい人工芝になったらみんなの体の負担も少しは楽になるのかな
怪我する人が少なくなるのかな、とそれもうれしいことです。
来シーズン、マリンは新しい名前になってリフレッシュ
きっといろんなところが大変身、してると思います。
それもまた楽しみの一つになりました。

また来シーズンも

Go To Marine(笑)

みんなの聖地に駆け付けたいと思います。
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-27 21:43 | marines

Back to the 2010番外編 Sports てんこ盛りYear

今夜はM-1も気になりますが
こちらTargetで。

スポーツハイライト2010(NHK総合 21:15~22:45)

今年はスポーツの大イベント目白押しYearでした。
国際的なイベントとしては
2月のバンクーバーオリンピック、6月のFIFAワールドカップ、11月のアジア大会
国内では
夏の甲子園、沖縄へ悲願の大優勝旗
秋には史上最大の下克上!
など
興奮と感動のさざ波が寄せては返す、そんな1年だったんじゃないかなと思います。

スポーツ好きなので
いろんな中継を見てはいちいちテンションあがるわたし(笑)としては
毎月毎週盛り上がってていろんな結果を追わなきゃいけなくて
ちょっと大変でしたが(笑)
こんな年はなかなかないのでそれはそれでよかったかなぁと。

わたし的にやっぱりかもめ~ず日本一!が一押しになっちゃいますが
サッカー好きとしてはFIFAワールドカップも楽しめたし
いろんなことに希望を見つけられてすごく思い出に残りました。
ホンダくんが突出してるけど個人的には
GKの川島くんが本当に夢を見させてもらえるというか
そんな選手になってくれてうれしいというか…
今、ベルギーのチームでがんばってますがいかんせん下位リーグから
上がったばかりのチームにいるのでなかなか実績として
認められにくい環境でちょっと地味に苦労してるなぁと思いますが
ぽっと出てぱっと光があたっちゃって
階段をとんとん、なんていう行程より
一歩一歩確実に、自分の足と自分の判断で進んでいく
そんな川島くんの堅実かつ、遠大な野望に
胸が膨らみます。
海外移籍をにらんでずっと英語の勉強をしてきて
敢えてレギュラーになれないとわかっていて
代表GKの先輩である楢崎くんと同じグランパスに入って…
そういうしたたかで、強くて、そのうえで
「夢」を口にするロマンチックなところがある川島くんに
今後の代表のGKをしばらく任せてみたい、そんな気持ちになりました。
川口さん、楢崎くん、ふたつの大きな壁に自分から進んで当たりに行って
そして乗り越えた勇気と強さと努力
川島くんに代表のみんなの「心意気」を見た、そんな
2010南アフリカ大会でした。

南アフリカでの開催も多分見えない部分でいろんなことがあったと思うけど
とにかくみんなでアフリカをフューチャーして
リスペクトして大会開催を必死に盛り上げていたところがあって
すごく励まされました。
やればできるんだなって
なんでも最初からあきらめてちゃ駄目だなって
そんな基本を思い出させてもらいました。
次回開催はブラジル。
治安、経済、アクセス、いろいろ大変だと思うけど
今大会の経験を生かして
また素晴らしい大会になるようがんばってほしいと思います。

決してワイロとかないようにねー(猛毒


勝った人の笑顔だけでなく
負けた人の涙とか
そこにたどり着こうともがいたあがきとか焦りとか
そういうものがあってこそ
スポーツは「美しい」と感じられる。

そんな美しいものをめでることができるのも
すべては
平和であればこそ。

来年も
そんな
美しいものに感動をいただけるそんな世界でありますように。
何も特別なことがなくても
日々が汗と涙で感激できるそんな
1年でありますように。
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-26 19:14 | daily life

クリスマスの想い出

きょうは12月24日。
クリスマスイブ、ですね。

例年普通に仕事な本日ですが、今年も例年通り普通に仕事です。ははは。ナニカ?
ただ今年はきょうお休みにすると夢のクリスマスホリデー!になる24日の金曜なんですが
休んだところで特に予定もないですし(寂)
有休はシーズン中に使わないといけないのでこんなところでは使いません(笑)
偉いぞわたし←。

バレンタインもそうですけどクリスマスも商売上手な企業の宣伝に乗せられて勝手に出来上がっちゃった
日本だけのオリジナルな風習なのでほんとに特には気にしてないんですよね・・・
これが何か「トクベツナヒト」などがいればそうでもないんでしょうけど
一応曲がりなりにもそんな人がいたときでさえクリスマスは家族と過ごす、という習慣だったわたしなので
いわゆる「ロマンティックが止まらない」(byぎゅうくんぱくり)な感じにならない・・・。

リアルすぎるんでしょうか?こんなだからいまだに一人身なんでしょうねきっと(自虐的リアルな反省笑)。

なのでクリスマスに特別何か素敵な思い出ってないんですけど・・・普通の日の延長線上だったので・・・
家族と一緒にケーキを食べて眠る前にちょっとどきどきしてみて・・・
そんなのがわたしのささやかなクリスマスの思い出です。

で終わっちゃうと寂しいので(笑)クリスマスの小さな思い出を(ちょっとだけなんだやっぱ寂しい笑)。

なぜかクリスマスをUKとフランスとUSで過ごしたことがあります。
とりわけ印象に残ったのはUKとフランスで過ごしたクリスマス。
UKはケンブリッジにステイしていたとき、たまたまその時期だったので
ホストファミリーと一緒にクリスマスのディナーをいただきました。
そのおうちは普段はもちろんママが料理を担当していたのですが
その日だけはパパがディナーを振舞ってくれる係り。
ママはケンブリッジの人だったけどパパはスペイン人だったので
がっちがちのUK仕込みの料理というわけではなかったと思いますが
いつもよりちょっとだけ豪華なディナー、デザートはスペイン風のライスプディング、
いつものテーブルの照明を暗くしてキャンドルだけが手元を照らし、
パパの主への祈りがちょっと長めで、あったかくて厳かな雰囲気でした。
ダイニングでテレビを見ない習慣のファミリーだったので
いつもはみんなのおしゃべりが声高に響いて慌しい感じだったのが
その日はその年に起きたいろんなことをファミリーみんなが回顧して語り合い、
食後のTeaを何杯もいただいて
とっても心豊かな気持ちになれたのを覚えています。

隣のリビングにはもう何代も前から使っているというモミの木のツリーが
暖炉の前にこじんまりとディスプレイ。
その足元にたくさんのちいさなプレゼントBoxの山。
わたしも日本から持ってきたささやかだけど日本らしいものを
プレゼントに入れておきました。
一番喜んでもらえたのは父が作って持たせてくれた小さな畳のレプリカ。
父は畳職人だったのでわたしがUKに行く前にお土産を調達していると知って仕事の合間に
ほんとに小さな畳、30cm四方くらいのサイズのものを作って持たせてくれました。
今は手に入れるのも貴重な本イグサの畳表と京都で作られた豪華な金糸入りの畳の縁。
ほんのり香る草の香り。
「これ持ってけ」って言われたときは「ええぇ~っ」ってドン引きしたけど(笑)
ファミリーには本当に喜んでもらえた一番のお土産でした。
初めてほんとの畳を見た、こんなにすばらしいものなのかとべた褒め(笑)。
わたしにしてみたら父のホンのお遊びのものだったのに
こんなに喜んでいただけて、とちょっと感激しました。

父と、父の仕事というものに
そして
自分が日本人であるということに
初めて誇りを感じられたそんなケンブリッジでのクリスマス。

クリスマスツリーと暖炉とちっさな畳。
ちょっと変な取り合わせだったけど今でも忘れられない素敵なクリスマスの思い出です。


今夜は我が家の周りも雪が降りそう。
寒くなってきました。みなさまも
暖かい夜を、小さな幸せでもわかちあえる誰か
そばにいなくても感じられるそんな夜になりますように。

Merry Christmas!
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-24 20:00 | daily life

Back to the 2010② 出逢い、大切

今シーズンを振り返ってシリーズ。

今年は去年までと大きく変わったのはやっぱりBCLとILをたくさん見に行けたこと。
地元に戻ったのでどうしても近場で、ってなると北陸や三重に行くことが多くなり
そうすると必然的にBCL,ILの試合をたくさん見させてもらうことになりました。
これまでも独立リーグの試合は少し見させてもらってたのですが
シーズン通して見たのはこれが初めてだったのでいろんなことが新鮮で
とても勉強になりました。
野球というスポーツそのものについて。
スポーツが地域社会と関わっていくことについて。
リーグやチームの経営や運営について…
素人ながらもいろいろ考える機会がたくさんあって本当に勉強になることばかり。
難しいことのほうが多いけど目を背けるわけにもいかないなぁと、もっと勉強しなきゃなと
あらためて感じ入った次第です。

プレーしているみんなはほんとに誰もかれもが元気で笑顔いっぱいで
寂しい形で一度はお別れしても
どこに行っても野球が大好きなみんなでいてくれたことにホッとしました。
みんなには浦和で出会って、そして違う街でまた会えた。
着ているユニは違うけど
浦和で叶わなかったことがそのグランドでは叶えられてて、それがわたしには
いちばんうれしいことでした。
スタメンで、クリーンアップで、先発で。そういう事情なのだとわかっていても
みんながゲームに出てプレーしている。野球選手には当たり前のことが叶えられてる。
浦和で出会ったみんなが必要とされてその場所にいること、それは不本意なことなのかもしれないけど
やっぱり素直にうれしいなと思えることでした。
独立リーグを見てからNPBを追いかけて、じゃなくて
NPBをやむなく去ることになって、その先を追いかけたわたしだから
こんな気持ちになるのかなぁとも思いました。

ただ独立リーグは非常に不安定な運営であり、安住の地ではありません。
来シーズンも同じようにみんなに会えるのか、それはわたしにもわかりません。
独立リーグもオフに入ってリーグでそのまま現役を続ける人は
今は自主トレとバイトの毎日。
ILもそうだけと思うけどBCLは基本的にオフの間はお給料が出ないので
今は違う仕事をしないと生活していけない時期。
なのでみんなは地元に帰ったりチームのスポンサーさんや球団関係者の方から紹介してもらった
アルバイト先で仕事をしながらオフを過ごします。
もちろんオフなのでお休みしてもいいけどそういう人は多分少ない。
そして現役続行となっても同じチームでプレーできる人もそんなに多くはありません。

憲幸さんはセインツが無くなった後ILの分配ドラフトで愛媛マンダリンパイレーツ入りが決まっています。
トライアウトも受けてたけど…やっぱりなかなか厳しいですね。
トライアウトを受ける時のユニがピンストだったのが
なんだかうれしいような切ないような気持でした。
a0006703_1922523.jpg



末永くんは三重スリーアローズを退団しています(10月末付)。
トライアウトを受けるのかなと思ったのですが受けてないのでもしかしたら
違うチームに移籍になるのかな…現役続けてくれると思うけど…。
a0006703_1972340.jpg



今シーズンのBCL投手三冠の宏海くんはトライアウトを受けてました。
今のところその先は聞いてないけど…福井を退団するかもと聞いてたけど
公式にそうした情報がないのでもしかしたら来シーズンも福井で投げてくれるのかもしれません。
トライアウト、すごく良かったし今シーズンの実績なら
どこかNPBのチームから声がかかってもいいかなと思ってたけど…
現実は厳しいですね…あんなに神がかり的なピッチングをしても
認めてもらえないのかなぁ…。
a0006703_1975993.jpg



白川くんと大谷くん。
トライアウトは受けてないですし、ソックスの発表もないので
とりあえず来シーズンもソックスで現役なのかな?と思いたいです。
2人とも途中でけがをしてしまって本人としても不完全燃焼なシーズンだったと思うので
なんとか来シーズンはリカバリーしてほしいなと思います。
もう2人ともソックスにはなくてはならない戦力になってるし
今年はチーム発足以来初めて上位争いに食い込めたので
もしソックスで現役を続けるなら来シーズンこそ優勝!実現してほしいなと思います。
その前にまず怪我を治さないとね。
a0006703_19193742.jpg


a0006703_1920467.jpg



崇ちゃん。
富山を退団した後地元に戻ってます。
現役続けたい気持ち…どうなのかな。聞いてみたいけどやっぱり
わたしが聞くことじゃないかな…
ただ、体調不良での退団となったので富山のファンの方にはたくさん心配をおかけしたと思いますが
今はとっても元気なようなのでみなさまご安心くださいです(^^)。
わたしとしては現役を続けてほしい気持ちはもちろんあるけど
崇ちゃんの人生だから…どんな人生を選んだとしても精一杯頑張ってほしいし
これからも応援していきたいと思ってます。
a0006703_19231568.jpg



ILが発足して6年、BCLは4年経ちました。
独立リーグ出身の選手がたくさんNPBに入り、一軍にも上がって
実績を上げることで独立リーグの認知度も高まってると思います。
でも
独立リーグはあくまでも通過点の一つにすぎない。
NPBを目指してどこまでも泥臭くしがみつく場所。
とことんしがみついて一つの区切りを見つける場所…。
NPB入りを目標にがんばるみんなにはこれからもずっと
あり続けていってほしい場所です。
そしてそんなみんなを応援する地元地域のみなさまには
これからもあったかい応援で彼らを支えていってあげてほしいなと思います。

来シーズンもみんなと笑顔で会えることを信じてる。
もう会えないかと思ったけどまた会えた。
あの奇跡がまだずっと続いていると信じてます。
野球がつなげてくれたミラクル。これからも
ずっと追いかけていこうと思います。
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-23 19:23 | baseball

Back to the 2010① 初めてのグランド

お友達ブログのパクリでごめんなさい。

今年も残すところあと10日…この間までゲームを見てたので
なんかあっという間感が激しいですけど(笑)
油断してるとさらにあっという間に来シーズンが始まってしまうので
あわてて今年の反省文、です。

今年の特徴?としては「はじめて!」っていうことが多かったこと。
今まで浦和やマリンでしか野球を見たことがなかったので
今年は「初めての球場」にたくさん行きました。
そして「初めて見たー!」なユニフォーム、選手、プレー、応援もたくさん見させてもらいました。
いかに今まで自分が小さな世界でしか野球を見てなかったか、改めて思い知り
野球の奥深さをいろいろ考えさせてもらった、そんな今シーズンでした。

以下、今年初めて行ったグランドです。

薩摩川内市総合運動公園(鹿児島県薩摩川内市)
a0006703_22105861.jpg


初めて九州遠征したとっても想い出いっぱいの場所です。
ちびかもめたちの元気な声、今でも聞こえてきそう。
また来年もお世話になります!


立山町総合公園野球場(富山県立山町)
崇ちゃんがサンダバに入って初めての合同練習をしていたグランド。
グランドのすぐ近くに立山連峰が雪をいただいて望めてすごくいいロケーションでした。


県営富山野球場(富山市)
a0006703_22192341.jpg


今年のサンダバの、そしてわたしの開幕のグランドはここでした。
前日、というか当日の朝まで天気がよくなくて
グランド整備に時間がかかって…選手みんなで整備してたなぁ(^^;
途中で雨?あられ?に降られてすっごく寒かったです…


倉田山公園野球場(三重県伊勢市)
a0006703_22163958.jpg


セインツの三重遠征に応援に行きました。
憲幸さんに久しぶりに会えてすごくうれしかったです。
伊勢…遠かった…シーズン終わるころにはだいぶ慣れたけど車で行くのは
ちょっと骨の折れる場所でした(^^;


佐世保野球場(長崎県佐世保市)
a0006703_2222313.jpg


九州遠征第2弾!セインツホームにソックスを迎えての3DAYS!
これは行かなきゃいかんでしょ!ってわけで行ってきましたー!
白川くんと大谷くんに会えてすごくうれしかったなぁ。
セインツがなくなってしまったのでもう行けないのかな…用がなくても行きたい(笑)。


アルペンスタジアム(富山市)
a0006703_22233581.jpg


今年人工芝を新しくしてこけら落としのゲームに行ってきました。
すっごくきれいで広くてびっくり!ただし最寄の?東富山駅から全く足がないので(涙)
行きも帰りもタクシー・・・・orz
そしてタクシーの運転手さんに行きも帰りも「何?取材?」と聞かれる…orz


福井フェニックススタジアム(福井市)
宏海くん絶好調の今シーズン。この日のゲームも絶好調!
だったのに10回まで投げてスコアレスドロー・・・とほほ。
福井の応援はちょいちょい愉快なパクリ(笑)があって楽しかったです。パオ太郎♪

津市営球場(津市)
アローズのファン?っていうくらいアローズのゲームをいっぱい見ました(笑)。
末永くんが入団してからまた更に(笑)。
来シーズンもきっと見に行ってしまいます…たくさん…三塁側←

高岡市営城光寺野球場(富山県高岡市)
高岡駅から行きはバスで、帰りはライトレール万葉線で帰りました。
遠かった…山の上…そしてこじんまり(笑)。

七尾城山野球場(石川県七尾市)
a0006703_22295151.jpg


最寄駅からしらさぎ3号(笑)に乗ると七尾に向けて乗り換えなし~!
ふつうは金沢で乗り換えしなきゃいけないんだけど…これで初めて行ってきました
七尾市。
ここは崇ちゃんが公式戦初めて先発して勝った球場です。
すごくうれしかったなぁ。あとで本人に個人的に「勝利投手賞」あげました(笑)。


HARD OFF ECOスタジアム新潟(新潟市)
a0006703_22312513.jpg


ご存じちびかもめ~ず日本一!の舞台。
ここもとってもきれいで緊張しました、なぜ?(笑)
浦和慣れしてる身としては電光掲示板とか人工芝とか
それはもうどきどきもんなんです(笑)。

生目の杜運動公園アイビースタジアム(宮崎県宮崎市)
a0006703_22392241.jpg


雨の宮崎で唯一晴れたゲームが見られたアイビースタジアム。
アナウンスが谷保さん!ってわかったときはひとりでテンション投げてました↑↑


西都原運動公園野球場(宮崎県西都市)
a0006703_2235699.jpg


宮崎遠征第1試合は雨で流れたので(涙)急きょ雨が降ってないんじゃないか?な
微妙な予測のもとに駆け付けた西都市。
雨…降ってたけどゲームは無理やりやりました(笑)。
ノエル、戦力外だって…さみしい(涙)。

日南市天福球場(宮崎県日南市)
a0006703_2239480.jpg


宮崎から南下して景色を楽しむ余裕もなく(汗駆け付けた天福。
遠かった…なのに試合開始15分前には雨ー!(涙)とほほ。
そして木の花ドームに戻って待ち伏せ、したのに
みんなはさらに南下!して串間で軽く紅白戦…ますますとほほ。

以上。
数えてみたらなんと14か所!!
今、自分でびっくりしました(笑)。
2月の薩摩川内から10月の宮崎まで8ヶ月の間にこんだけ~!(笑)
もちろん初めてじゃない
敦賀市総合運動公園野球場(福井県敦賀市)とか
四日市霞ヶ浦第一球場(三重県四日市市)とかも行ってて
浦和もマリンも鎌ヶ谷も行ったので
毎月1~2回はどこかで野球を見てたんだな~…
ちなみに遠征は21回…国内線3回乗りました(笑)
すっかり遠征貧乏です(泣)。
国内線も最初はどんな感じで行けばいいのかわからなくて
セントレアに2時間前に着いてものすごく時間を持て余してましたが(笑)
10月の宮崎の帰りは空港で搭乗30分くらい前まで
ちびドラゴンズのみんなとごはん一緒に食べてました(笑 ←帰名の飛行機が一緒だったw
やればできるんです(笑)。

こうは見えても?ビビリなA型なので行く前はかなり用意周到に準備して
いろいろ調べていくんですがやっぱりそうはいかないことのほうが圧倒的に多くて
ずいぶん焦ったり慌てたりしましたが
現地で出会った方やお友達などにたくさん助けてもらい
いい想い出ばかり残ったような気がします。本当にありがとうございました。
ひとりで野球を見に行くのは全然平気なので大丈夫なんですが
知らない街に行く、ということのほうでビビっていたことのほうが多くて
いつも当日までわたわたしてました…でも
スタンドに行ってしまえば見るのは野球なので
楽しい時間をいっぱい過ごさせていただき
そしてスタンドにはいつも、どの球場にも愛の溢れる応援の方々がたくさんいらして
帰るときには元気と笑顔をもらって家路についていました。
野球はどこでみてもどうやって見てても楽しい。
当たり前のようで実は普遍なこのことに
改めて気がついた2010シーズンでした。

来シーズンもまた、たくさんの笑顔と元気をもらいにスタンドに行こうと思います。
ほんとはわたしがいっぱい応援しなきゃいけないんだけど
わたしの応援なんて微々たるもの、あんまり自分を買いかぶらず
これからもマイペースで野球を楽しんでいけたらなぁと思います。
今シーズンは浦和とマリンにあまり行けなかったので
来シーズンはもっと行きたいな。そして
毎年行こうと思っていてなかなか行けずにいる高知への旅も
来シーズンこそは実現させよう!と思います。
また現地でたくさんの素敵な出会いがあるといいな
それも楽しみにしています。
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-22 22:39 | baseball

一歩先に行く

体調がすこぶる心配ですが
気持ちはすでに来シーズン!


清田が「福浦塾」入門!外野争いに闘志メラッ(スポニチ 12/19)
ロッテ・清田、144戦フル出場だ!(日刊スポーツ 12/19)

とにかくオフは毎週毎週イベントにひっぱりだこな清田くんで
わたし的には体調管理がとってもとっても心配なんですが
気持ちはすでに来シーズンにまっしぐら!という感じです。
メンタル的に張ってるのは身体的にもいい影響のほうに出るときと
その逆とあるのでそのバランスだけ崩さないように
なんとかいい状態で少しでも休んでくれるといいなと思いますが…。

来シーズン、自主トレを福浦くん、オーマッくんと一緒に沖縄で行うそうです。
オーマッくんから「来るか?」って言われたそうですが
あのきらきらお目目で「どーすんですか?ねー!」って言われたら
オーマッくんも思わず誘わざるを得なかったのではとか思っちゃいますが(笑)。
那覇の施設は夜間練習もできるほどの充実施設みたいなので
また清田くんの早出居残り特訓に逆にみんなが引っ張られる、みたいな
そんな感じになっちゃいそうですね(^^)。
福浦くんもオーマッくんも怪我を経験しているので
清田くんにはそうした時のリカバリー方法とか他の部分を鍛える
高度なコンディショニング方法とかも一緒に学んでくれたらいいなと思います。

入団2年目のルーキーがベテランに声をかけてもらって
素晴らしい場所で自主トレができるのは
もちろん前年実績もあるからだろうと思いますが
やっぱり本人の意欲、前向きな姿勢がいちばんなんじゃないかなと思います。
やりたい、もっとうまくなりたい。
特に来シーズンは伊志嶺くんの加入でかもめ外野陣は
サブでさえも安穏とはしてられないわけですから
ここで「今までと同じ」では絶対に置いていかれてしまう。
危機感と向上心がなければ開幕一軍さえ危うい。
清田くんのすごいなと思うところはそれを常に携えているところ。
そしてきちんと練習することでその気持ちを周りに伝えているところ。
どんなにうまくなりたい、一軍に行きたいと思っていても
どうしたらいいか手をこまねいている場合ではない。
去年と同じスタートを選択している段階でもう
一歩も二歩も後れをとることを清田くんはきちんと察して
回避している。それが一番すごいなあと思います。


細谷くんはイグっさん、タケと。
ぎゅうくんはまた、稲葉さんとかな?
若鷹さんちの山田大樹投手はにゃ~ちゃんと自主トレだそうです。
祐太くんは今年もわっちとかも。
唐川くんは晋吾塾です(^^)うっちーも一緒だと思われます。
俊ちゃんは恒例ソニ、古谷くん、伊藤ちゃんと?
青松くん、今年もジョーと一緒にできたらいいねぇ。

自主トレをいかに過ごすかは実はシーズンで一番重要なことなのかもしれない。
自主トレ、とはもちろん自主的にトレーニングをすることで
そこにどれだけ「投資」したかはいつか形になって帰ってくるんじゃないかしら。
時間とか設備とか費用とか、そういう目に見える「投資」もそうだけど
自分がより強くなるためにどれだけの準備をしたかという
気持ちの「投資」。
来シーズンこそは、と思っているのであれば
実はこの気持ちの「投資」こそがいちばん肝なんじゃないかなって
最近、とみに感じています。

仲よしこよしで終わらず
切磋琢磨のために、自ら望んで厳しく過ごす。
キャンプの時には準備万端になってる。
それができて初めて
自主トレ成功!ってなるんじゃないかなって思います。

今はつかの間のオフ、ゆっくり休んで
いい自主トレ、みんなができるように
今からしっかり計画しておいてほしいなと思います。
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-19 15:21 | marines

飛翔せよ!

来シーズンが楽しみでしょうがありません!

大先輩・西岡の魂継いで(asahi.com 12/17)

海の向こうではいよいよ大先輩(^^)の夢実現への第一歩がかなったわけですが
(それはまた別記事で)
その背中を見送った側も本腰入れてます。

先日、宮崎に行った折
ホテルにチェックインしたら一番最初に会ったのが細谷くん(と岡田くん)でした。
2人とも割と?リラックスムードでお土産屋さんの前で朗らかに(笑)してたのですが
思えばあのころつよぽんと細谷くんの電撃デート?があったわけなんですねぇ…
てか
細谷くんとつよぽんがゆっくり話したのが初めてっていうのも
なんか意外ーって感じです。
つよぽんはずっと一軍だし細谷くんはまあ行ったり来たりで
同じポジションとはいえなかなか練習を共にする機会も
あんまりなかったんだろうなと。
そう思うと本当に一軍は近くて遠くて高い場所って改めて思いますね。


初めて一軍に呼ばれた時
前日まで浦和で普通に練習してて(見てました)
翌日にはマリン、本人もびっくりしたと思うけどわたしもびっくりしました(笑)
あんなふうに一軍へのお呼び出しってあるんだなぁって
なんとなくイージーに思ってしまってたわけですが
イージーに一軍に呼ばれるってことは
イージーに浦和に落とされるってことでもあるんだって
割とすぐ気がつきました…。

この2年の間、ううん、細谷くんが入団してからずっと
細谷くんの前には越えるべき二つの壁がずっと立ちはだかっていた。
内野手としての大きな壁。今江っちとつよぽん。
あまりに大きな#7と#8。そして新たに#6も加わり
細谷くんが行く道はどんどん険しくなり…
それでも越えなければいけない、そして周りもみんな越えてくれ、と期待している。
守備で、バットで、そしてキャプテンシーで
細谷くんにはいつもずっと提出してもしても合格できない宿題があった。
今その宿題もオーラス。いよいよ検定試験?
つよぽんは自分がMajorに行くことを自分の夢と語っていたけど
そのことで起きるたくさんの「副作用」の一つを
細谷くんに託したかったのかもしれない、なんとなくそんな感じです。
もちろんつよぽんのことなので
細谷くんだけをひいきにしているわけでは絶対ないと思うけど
ここまで期待され、練習もしてきてなかなかその先に進めないでいた細谷くんを
そばで見ていてじれったい!と思っていたのは多分
つよぽんがいちばんだったのかもしれないな、
それがつよぽんの優しさなのかなってちょっとじんわりします。

今年はファームで日本一になり
そのゲームで勝利打点、MVPにもなりました。
すっごくうれしかったけどやっぱり「違う」って思ってしまっていた…
細谷くんが頼もしければ頼もしいほど
素晴らしければ素晴らしいほど
「細谷くん、あなたはここにいてはいけないよ」ってずっとずっと思っていた。
浦和でも群を抜く練習好き。
すごく自分に厳しくてストイックで、きちんと自分を律してトレーニングをしていた
細谷くん。
そんな細谷くんにさえ「甘い」と言ってしまうつよぽんの言葉を聞き、
さらに一軍に行ってほしい、行かなきゃダメ!って思いました。

来シーズンのショート、いろいろ言われていますが
わたしはやっぱり細谷くんにその場所にいてほしいと願ってしまう。
これが千載一遇の、そして、もしかしたら最初で最後のチャンスかもしれない。
西村さんがどう考えているのかわからないけど
誰がいようとも競争になることは明白で
そして細谷くんにも絶対にチャンスがあることは確か。
無理はしてほしくないと思ってるけど
今までの時間はこの時のためにあるのだと
今こそしっかり照準合わせてチャンスをつかみ取ってほしい。

ここをつかめなかったら最後、そういう覚悟してくれてもいいと思います。

来月スタートの沖縄でのイグっさんチームの自主トレ。
細谷くんも初めて参加とのことです。
イグっさんから声をかけてもらった、という報道になってるけど
きっとつよぽんとかのこともあるから
チームみんなが細谷くんに期待して「細谷を鍛えようぜ!」みたいな
そんな空気になったんじゃないかななんて勝手に想像して
うれしくなってます(^^)。
Majorの空気を知っているイグっさんと
トラさんちで内野の激戦を勝ち抜いた鳥谷選手、
またタケもいっしょなのかな、錚々たるメンツに囲まれて
細谷くんがまた1年生に帰った気持ちで
緊張とドキドキの中でいい自主トレをしてくれることを祈ってます(^^)。

今まで何度も
「今度こそ一軍定着?」と思っていてなかなか超えられなかった坂が
来シーズンは一気に駆け上がれるようなそんな気がしてなりません。
つよぽんが残していってくれた愛情を
一番たくさん抱きしめられる細谷くんでいてほしい。
そしてシーズンオフには
「がんばりました!」って笑顔でごはん、またおごってもらえるようにね(^^)
楽しみにしてます!ほそーやけーぇい!
[PR]
by sedona1982 | 2010-12-18 23:27 | marines